フライパンのメンテナンス、ちゃんと出来てる?

フライパンを長持ちさせるメンテナンス方法とは

>

メンテナンスの際のコツとその注意点

フライパンを長持ちさせるコツ

それでは、そんなフライパンをできるだけ長持ちさせるコツと言うのはあるのでしょうか?

こちらのページでも、フッ素(テフロン)加工のフライパンを例に上げていきます。
まず、フッ素加工で使われている素材は基本的にアルミニウムが多いです。
アルミニウムの特徴は熱が伝わりやすいと言うこと。
ですので、大半のフライパンは強火を容易に使いすぎないことを気を付けていきましょう。
強火を使いすぎると、フッ素の表面が痛み、フライパンの寿命が早まってしまうそうなのです。
さらに、フッ素加工のフライパンは必ず油を少量いれるなどして、空焼き状態を防ぐのもポイント。
そして、料理をする際には必ず、木製かシリコン製のお玉やヘラを使いましょう。
鉄やアルミ製のもので料理をすると、傷が付いて加工が剥がれてしまうので、気を付けましょう。

フライパンを扱う際の注意点

それでは、ここからはフライパンを使用する際の注意点についてです。

調理をした時に、急なお仕事や余り物が出た場合、フライパンの中にその料理を置いておくと言う場合があるのは間違い!
塩分の高いものを入れたままにしていると、下地の金属を錆びさせてしまうので、できる限り保存をするのは一晩だけにするか、別の容器にいれるかにしましょう。
次に、洗う際に熱したままのフライパンを洗いやすくするために水で急冷するのも間違いです!
フッ素加工が痛んでしまいますので、できればしばらくなにもせずに置くか、お湯をいれるか等をして、痛まないようにしましょう。
そして、他のページでも記載していますが、必ず柔らかい綿のスポンジを使いましょう。
スポンジの硬い面であったり、たわしを使用したりするのはNGです!


この記事をシェアする