フライパンのメンテナンス、ちゃんと出来てる?

フライパンを長持ちさせるメンテナンス方法とは

>

タイミング別のメンテナンスについて

買ったときに行うこと

フライパンを長持ちさせるには、買ったときに行うことがあるそうです。

フライパンで多く使われているコーティングの種類といえばフッ素(テフロン)加工。
そんなフッ素加工ですが、買ってからはとてもつるつるで焦げ付きにくく使いやすいのですが、しばらくしたら加工が剥がれ、長持ちしなくなってしまうんです。
ですが、あることを行っていたら、その加工はもっと長持ちします。

フッ素加工のフライパンの特徴には、加工が知らずに剥がれやすいというのがポイント。
ですので、買ったときにフライパンを洗うときは柔らかいスポンジで軽く洗剤を付けて優しく洗って上げましょう。
固めのスポンジでいつものように洗うと、表面に傷が付いてしまう可能性があり、そこから剥がれてしまうのです。
尚、鉄製のフライパンでない場合は、空焼きも行わない方が良いと思われます。

洗うときに行うこと

フライパンを洗う際にも、長持ちさせるためのポイントが存在します。
多くの家庭で使われるフッ素(テフロン)加工のフライパン。
そのフライパンを洗う際に、洗剤を付けて洗うと言う人がいると思われますが、実はそれは間違いだったようです。
 
まず、まだ熱い状態で、キッチンペーパーや新聞でフライパンに付いた汚れをしっかりと拭き取ります。
普通なら、ここでざっと洗剤を使うのですが、それは次の料理で焦げ付きやすくする方法なのだそうです。
次に、熱が冷めたらお湯に付け、洗剤をつけていないスポンジで円を描くように洗って上げましょう。
洗い終えたら、お湯でフライパンをさっと洗って上げたら、洗浄完了です。

上記は一例なので、家庭によって洗い方も様々と思われますが、フライパンを長持ちさせたいのであれば、洗剤をあまり使ってはいけないというのを、しっかりと頭に置いておきましょう。


この記事をシェアする