フライパンのメンテナンス、ちゃんと出来てる?

フライパンを長持ちさせるメンテナンス方法とは

>

フライパンをメンテナンスしよう

フライパンのコーティング

料理をするなら絶対に使う事になるフライパンですが、メンテナンス時にはそのコーティングが注目の素材になってきます。

コーティングとは、フライパンに具材などをこびりつきにくくするために施される表面加工の事。
そのコーティングの種類には、お手入れがしやすいセラミックが加工された物やフッ素(テフロン)が加工された物、その一種であるダイヤモンドコーティング、マーブルコートと言った、様々なコーティング加工が施されているのです。
そのコーティングは、買ってから数年は勿論しっかりと働くのですが、しっかりとしたお手入れ等をしていないと、そのコーティングは知らずに剥がれたり傷が付いたりで、役目を失ってしまうことに繋がり、また買い換えを行わなければならなくなるのです。

フライパンの種類

それでは、そのフライパンの種類と特性について少し説明していきましょう。

まずは鉄製のフライパン。
鉄のフライパンは熱伝導が強く、上げたり焼いたりする高音調理に向いています。
使えば使い込むほどに油がフライパンに馴染んでいく特徴があるため、うまくメンテナンスすれば長年使用ができます。
次に、銅製のフライパン。
鉄よりも熱伝導率が高く、暑さが均等に伝わり安い上に、鉄と違って錆びにくいのも特徴。
天ぷらや厚焼き卵等の敏感な物を調理するのに有効的ですが、古くなった場合に銅が溶けだし、銅中毒になる可能性も…
最後に、ステンレス製のフライパン。
丈夫で錆びにくいのが特徴の上、なかなか冷めづらいという特徴もあるので、丼の卵とじ等の余熱調理を行うのに適しています。
ただ、焦げ付きやすいのがデメリットですので、炒飯等の炒め物は少しおすすめができません。

その他、まだ沢山の種類がありますが、ここで割愛とさせていただきます。


この記事をシェアする