フライパンのメンテナンス、ちゃんと出来てる?

フライパンを長持ちさせるメンテナンス方法とは

タイミング別のメンテナンスについて

フライパンのメンテナンスというのは、それぞれの場面で行わなければなりません。 フライパンを買った時に行うメンテナンスってなに? 使ったあとに洗う際、どんなことに気を付ければ良い? こちらのページでは、フライパンを買ったときに行うことと、洗浄の際にすることについて、記載させていただきます!

メンテナンスの際のコツとその注意点

フライパンのメンテナンスの際に気を付けること等がここまででわかりましたが、使用する際に気を付けることとはどんなことなのでしょう? 長持ちさせるコツって? フライパンを使うときの注意点って? こちらのページでは、フライパンを長持ちさせるコツと、扱う際の注意点について記載させていただきます!

フライパンをメンテナンスしよう

今回のテーマは『フライパン』 ですが、そのフライパンにもそれぞれ様々な種類があります。 フライパンのコーティングの種類ってどんなもの? そもそもフライパンの素材的にもどんな種類が? こちらのページでは、フライパンのコーティングについてと、フライパンの種類について、記載させていただきます!

フライパンのコーティングと種類

日常生活で行う事のひとつと言えばお料理。
その料理をする際の大半で使う器財と言えば、フライパンですよね。
そのフライパンも使用すればするほど、必ず焦げ付きやすくなってしまったり、料理ができなくなってしまったりして、廃棄しなければならなくなってしまいます。
今回は、そんなフライパンを長持ちさせるためのメンテナンス方法についてのご説明です。

まず、フライパンには様々な素材とコーティングが使用されているのですが、一般家庭で一番多く使用されているフライパンはアルミニウム製のフッ素(テフロン)で加工されているフライパンだと思われます。
フッ素加工は、滑りがよくて焦げ付きにくく、使い勝手が良い代わりに、加工が剥がれやすいという特徴。
アルミニウム製は、熱電導率が強く、軽くて使いやすいですが、加工がなければ焦げ付きやすくなってしまったりするのが特徴。
加工が剥がれてしまったら、アルミニウムがむき出しになってしまうので、劣化してきてしまうので、メンテナンスは適切に行っていかないといけないのです。

メンテナンスと行っても、フライパンを適切に洗浄していくのが一番のポイントです。
まず、洗剤はあまり使わない。
洗剤は加工を弱くしてしまう特性があるので、洗剤を使わずにキッチンペーパーや新聞紙を使用しましょう。
次に、フライパンを洗う際、スポンジは、必ず柔らかい面を使いましょう。
硬い面で洗えば、フライパンに傷が付き、焦げ付きやすくなってしまうのです。
柔らかい面で優しく洗ってあげましょう。
最後に、フライパンを急冷せずに、ゆっくりと冷ましてからお湯洗いをしましょう。
急激に冷やしてしまうと、加工が剥がれてしまうのです。

このように、ポイントをしっかりと踏まえておいて、フライパンのメンテナンスをしてあげましょう!
その他、フライパンに関する事柄については別ページにて記載させていただきます。

ブックマーク

コーヒーマシンのメンテナンスのサイクルは?

コーヒーマシンのメンテナンスの周期は?意外と知らないお手入れのポイントと合わせてアドバイス!

超音波洗浄機は周波数で性能が違う?

超音波洗浄機は周波数で性能が異なる?基本的な仕組みと最新機能についておさえておこう!

宮城のエアコンクリーニング、防カビコートは必要?

宮城県でエアコンクリーニングを考えている方へ!防カビ、抗菌コートの特徴と必要性は?